視聴お申し込みはこちら!

フォーム送信後、入力いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送りいたします!

郵便料金値上げ (1)

2024年の郵便料金値上げでどう変わる?請求書発行コスト上昇を見据えた対策とは

こんな方におすすめ


  • 請求書の発行業務を行っている方
  • 経理の管理職・経営者の方
  • 郵便料金値上げに対する対応を検討する方
  • 経理業務のコスト削減を推進する方

セミナー概要

昨年12月、総務省が25グラム以下の定形の郵便封書について料金を引き上げる案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問したとの報道があり、企業としては請求書の郵送における費用の実態を把握することが重要な課題のひとつとなりました。

では具体的にどのように現状のコストや値上げのインパクトを把握すればよいのでしょうか。
この報道を受けて、弊社にも「やり方が分からない」「まとめるのが大変」などでなかなか着手ができないとのご相談をいただくケースが増えている状況です。

本セミナーでは、まず郵便料金の値上げの情報や背景を振り返ったうえで、請求書の郵送において、現在どの程度の工数や費用が発生しているか、値上げによってどのぐらい費用が増加するかを、具体的に可視化する手法と対策をご紹介します。
手間や費用の面で課題を抱えている企業にとって、スムーズかつ効果的な対策を考える一助となれば幸いです。

 

視聴方法

下記フォームより申込をいただきましたら、ご登録いただいたメールアドレス宛に視聴用URLが載ったメールが自動送信されます。URL先より画面上の再生ボタンを押してご視聴ください。
セミナー動画は無料で何度でもご覧いただけます。

プログラム

  1. 郵便料金改正について
  2. 郵便料値上げを見越したコスト削減シミュレーション
  3. 法制度への対応の影響を踏まえた時間・コストシミュレーション(メール対応の場合)
  4. 「楽楽明細」による対策
  5. 法制度への対応の影響を踏まえた時間・コストシミュレーション(「楽楽明細」の場合)
  • ※本セミナーは、2024年1月時点の内容です。最新の状況については、弊社までお問い合わせください。

登壇者情報

  • 阪ノ下さん

    株式会社ラクス 楽楽明細事業統括部 経理業務改善コンサルタント 阪ノ下 聡

    2019年株式会社ラクスに入社
    東京・大阪の2つの拠点で、多数の企業のIT化・業務改善を推進。
    お客様が抱える請求書発行業務の様々なお悩みに対して、
    1人1人に寄り添った提案・コンサルティングを行っている。

視聴お申し込み